丸わかりカードローン

先生 うさたん
先生 うさたん

審査なしのカードローンはない!審査に通るために今すぐできる解決法

丸わかりカードローン

/公開日:2019年7月2日

「審査なしのカードローンってないのかな?」
「闇金って審査なしって宣伝してるけど、本当にやってないの?」

審査に不安を持つ方であれば、こんな疑問を抱いたことがあると思います。しかし、結論から言えば審査なしのカードローンは存在しません。

「審査なしで融資できます」といった広告・宣伝をする闇金業者ですら、実際には申し込み者やその家族の住所や勤務先の審査を行っています。

そもそも、カードローンは個人向けの無担保融資なので、金融機関は貸し倒れリスクを負っています。担保がないにも関わらず、審査なしで融資するなんて常識的に考えてありえませんよね。

えー!!どうしても審査があるのね…
でも今すぐ借りたいから審査なんて待ってる時間ないし、そもそも審査なんて通る気がしないよ…

でもね、審査なしカードローンを探している人は打つ手なしかというと、決してそうではないんだ。カードローン審査に不安があるのであれば、その不安を解決した上で申し込みを行えば良いんだよ。

このページでは、審査に不安をもつ原因や理由ごとの解決策を詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

審査に不安がある場合は解決策を考えることが大切

審査なしカードローンを検討する理由の大元にあるのは「審査落ちの不安」です。「自分には、審査に落ちる要因や理由がある」という不安があれば、どうしても審査なしのカードローンが魅力的に見えてしまいますよね。

しかし、前述の通り審査なしのカードローンというものは存在しません。もし「審査なし!無審査で申込OK」など謳う業者があれば、審査落ちの不安を抱える方をターゲットとした闇金に間違いありません。

審査に不安がある場合、ありもしない「審査なしのカードローン」を探していても問題解決には決して結びつきません。「審査なしカードローンを探す理由」を明確にして、その解決策を理解することこそが大切です。

では「審査なしカードローンを探す理由」ごとの解決策を見ていきましょう。

理由1 信用情報に傷がある

過去に長期延滞や任意整理、自己破産などの債務整理を行った経験がある方は、まず信用情報に事故情報が残っているかどうかを確認する必要があります。

解決策1 信用情報を開示する

長期延滞や債務整理、代位弁済、強制解約などで信用情報に傷をつけた覚えがある方は、信用情報機関(CIC、JICC、KSCの3社)に信用情報の開示請求を行い、以下を確認しましょう。

・事故情報が残っているかいないか
・事故情報が残っていた場合、その事故情報はいつ削除されるのか

事故情報がない場合は問題ありません。しかし、事故情報の登録があった際は、その事故情報が「いつ消えるのか」を把握することが大切です。

以下の表は、信用情報機関で事故情報が保管される期間をまとめたものです。

【信用情報機関で事故情報が保管される期間】

信用情報機関 延滞 代位弁済 自己破産 個人再生 任意整理
CIC 5年 5年 5年
JICC 1年 5年 5年 5年 5年
KSC 5年 5年 10年 10年

原則として、この期間を経過した事故情報は削除となり信用情報が回復します。信用情報から事故情報の記載がなくなれば、銀行や大手消費者金融のカードローンでも申込・審査を受け付けてくれます。

信用情報の問題は、時間が解決してくれます。裏を返せば、時を待つしか対策はありません。信用情報の回復までしっかり待ち、事故情報が消えたのを確認してから申込を行いましょう。

解決策2 中小消費者金融を検討する

信用情報に事故情報が残っていた場合、闇金以外への申込が絶望的かというと、実はそうではありません。なぜなら、中小消費者金融であれば、独自の基準で審査を受け付けてくれる可能性があるためです。

ただし「事故情報があっても申込可能」ということが「審査の甘さ・ゆるさ」につながるわけでは決してありません。むしろ、過去の事故情報を問わない代わりに、現時点での返済能力を重点的かつ精密にチェックされることを、肝に銘じておく必要があります。

また、中小消費者金融は全国展開している業者が少なく、契約時に来店必須のケースが多いという特徴があります。中小消費者金融のカードローンを検討する際は、自分の居住地近くの業者を候補にすると良いでしょう。

理由2 総量規制ギリギリの借入をしている

総量規制ってなあに?

過度な借り入れをしないための、年収などの3分の1を越える借り入れができないっていう制度だよ。

 

総量規制は貸金業法の規制のため、消費者金融会社の商品が対象となり、銀行は除外されます。しかし、2017年以降、大手銀行が自主的な総量規制を行うようになり、一部地方銀行もこの流れに追随しています。

このことから、すでに総量規制ギリギリの融資を受けていると考える方の多くが「銀行・消費者金融問わず、カードローン審査に通る見込みがない」と、審査について後ろ向きになる傾向にあります。

この考えは理にかなっています。しかし、銀行の「自主的な総量規制」を正しく理解すれば、解決策が見いだせます。

自主的な総量規制がない銀行を検討する

総量規制は法に基づくもののため、消費者金融会社が独自の判断で融資上限を変更したり、規制自体を無視したりすることはできません。

しかし、銀行はあくまで自主的に総量規制に近いルールを作り、融資に制限を設けています。ここでポイントとなるのが、法による縛りや制限ではないということです。

そのため、現時点においても地方銀行を中心に、自主的な総量規制を行っていない銀行や、規制の範囲が年収の3分の1ではない銀行も存在します。それらの銀行を狙って申込を行えば、総量規制ギリギリの借入状況にあっても、申込・審査が可能となるケースがあります。

例えば、秋田銀行の「プライムカード」の場合、公式HPに次のような記載があります。
※ お借入極度額はほかの無担保ローン等を含め年収の50%以内となります。

参考:〈あきぎん〉プライムカード

これは「借入限度額は、他社借入を含め年収の2分の1以内となります」という意味です。つまり、総量規制の3分の1より緩やかな制限である、というわけですね。

このような、自主的な総量規制を導入していない銀行や、「年収の2分の1」といった制限を設けている銀行であれば、総量規制ギリギリの借入を行っていても、カードローンに申込ができるケースがあります。

総量規制が心配だからと審査を避ける前に、まずは地元の銀行などに融資の可能性があるか問い合せてみるのも、一つの手です。ただし、他社借入件数が4件以上ある場合は、借入額を問わず審査通過が難しくなることも覚えておきましょう。

理由3 正社員でないので審査が不安

カードローンの申込条件には「安定した収入がある方」といった内容の項目が必ず明記されています。これを読んで、正社員でないので審査に通りにくいのでは?と感じる方も多いようです。

しかし、カードローン審査において「正社員ではないこと」だけを理由に審査落ちすることはないので、安心して下さい。

解決策 雇用形態は気にせず申込をして大丈夫!

雇用形態には、正社員や契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなどがありますが、この中で最も審査で有利なのは、確かに正社員です。これは「長期的な雇用が見込めるかどうか」の判断によるものです。

しかし、だからといって正社員以外がマイナスに働くかというと、決してそうではありません。

カードローンの審査では「継続的に安定した収入があること」が重視されますが、正社員以外でも一定期間以上の勤務実態(およそ6ヶ月)があれば、安定収入があると見なされますし、長期の勤務実績があればその点をプラス材料として判断されます。

パートやアルバイトでも借りれるんだ!!

カードローンの中には、申込条件には「パート・アルバイトの方でも申込可能です」と明記されたものも多数存在するんだ。正社員でないことがどうしても心配という方は、正社員以外の雇用形態でもOKです!と明言しているカードローンを選ぶと良いよ。

理由4 収入が少ないので審査が不安

カードローンの審査で返済能力が重視されることから、年収が低いと審査に通らないと思われがちです。しかし、年収の低さが審査落ちの原因になるケースは、実際そう多くありません。

その理由は、カードローン審査では「収入が少ない=返済能力がない」との判断にならないためです。審査通過で返済能力を判断する基準は「収入○○万円以上」ではなく、「安定した収入があるかどうか」にあります。

うーん、でも月に3万円ほどしか稼いでないんだよね。
今の職場では6ヶ月働いてはいるんだけど…

もし、収入の低さでカードローン申込を躊躇しているのであれば、銀行ほど高い返済能力を求めない、大手消費者金融への申込がおすすめだよ。

解決策 大手消費者金融カードローンを検討する

大手消費者金融カードローンの審査に関しては「月3~4万円程度の収入でも、勤務実績が6ヶ月以上あれば、審査通過の可能性がある(※)」と言われています。
※信用情報に問題がない場合

それを裏付けるように、大手消費者金融カードローンの簡易診断(おためし診断など)で次のような情報を入力した場合、融資可能と表示されるケースがほとんどです。

【収入が低くても融資可と表示されるケース】

年齢50歳、他社借入残高0円、年収50万円

厚生労働省の「毎月勤労統計 平成30年分結果確報 月間現金給与額」によると、パートタイム労働者の平均月収は99,827円です。つまり、パートタイムの平均年収の半分程度の数値を入力しても、簡易診断では融資可能という診断結果が出ていることになります。

「他社借入件数や借入残高が多い」「信用情報に傷がある」などの問題が複合していれば、当然審査に落ちてしまいます。しかし毎月給与があるなど収入が安定していれば、「年収が低い」という要因だけで審査落ちとなることは、ほぼありません。

収入の不安から審査を回避したい!と思っている方は、大手消費者金融カードローンを検討してみて下さい。

また、どうしても不安が晴れないという方は、各金融機関のカードローンの公式サイトに用意されている簡易診断を活用し、融資の可能性があるかどうか確認してみると良いでしょう。

理由5 専業主婦なのでカードローン申込が難しい

専業主婦の方の場合、本人に収入がないことから審査通過は無理だと考えがちです。しかし、実際には専業主婦でも申込み可能なカードローンはいくつか存在しますし、配偶者貸付制度を利用すれば、さらに選択肢は広がります。

解決策 専業主婦申込OKなカードローンへ申込む

アコムやプロミスなどの大手消費者金融は、総量規制の関係上、収入のない専業主婦の方の申込には対応していません。

しかし、銀行カードローンや配偶者貸付に対応した消費者金融の中には、専業主婦の申込OKとするものが意外にたくさんあります。以下に、専業主婦の申込を受け付けている代表的なカードローンをまとめましたので、参考にしてみて下さい。

また、主婦(主夫)でもパートをしている場合は、「パート・アルバイトにおすすめのカードローン」に掲載している、大手消費者金融の利用が可能です。

【メガバンク、ネット銀行】

商品名 金利 限度額 申込条件
イオン銀行カードローン 13.8% 30~50万円 配偶者に安定した収入がある
ソニー銀行カードローン 13.8% 10~50万円 配偶者に安定した収入がある
じぶん銀行カードローン 2.2~17.5% 10~30万円 配偶者に安定した収入がある

【配偶者貸付を実施するカードローン】

商品名 金利 限度額 申込条件
アスカ 18.0~20.0% 5~50万円 ・配偶者に安定した収入がある
・配偶者の勤務先を申告できる
・配偶者に同意確認の電話ができる
・配偶者の同意書、収入証明書の提出
・婚姻関係を証明できる書類の提出
レディースフタバ 14.959%~17.95% 10~50万円 ・配偶者に安定した収入がある
・配偶者に同意確認の電話ができる
・配偶者の同意書の提出
・婚姻関係を証明できる書類の提出
ベルーナノーティス 4.5%~18.0% 1~300万円 ・配偶者に安定した収入がある
配偶者の勤務先を申告できる
婚姻関係を証明できる書類の提出

理由6 水商売なので審査が不安

水商売の方でも、カードローンの申込や審査に問題はありません。確かに、月々の収入に波があることから、公務員やサラリーマンといった働き方と比較すると不安定な職業と判断され、審査で不利になるのは確かです。

しかし、ここでいう不利というのは、審査においてマイナスという意味ではなく、プラスの幅が少ないという意味です。仮に、公務員の審査加点が5点だった時、水商売は2~3点と、低い点数がつけられやすいというだけの話です。

つまり「職業が水商売」という事実は、単体で審査可否を左右するほど重要な要因ではない、というわけですね。

ただし、水商売は在籍確認が取りにくく、この点がネックとなって審査落ちするケースが少なからずみられます。そのため、しっかり対策を行う必要があります。

解決策 在籍確認対策をしっかり行う

水商売の方は夜間・深夜の勤務のことが多いため「日中の在籍確認の電話に対応できない」という方が少なくありません。

そのため、カードローン選びの段階で、以下のような在籍確認を確実にとれるような対策をしておくことが重要になります。

  • 平日、土日祝日を問わず夜間まで在籍確認を行っているカードローンを選択する
  • 申告する電話番号は代表番号ではなく、在籍する店舗の電話番号にする
  • 源氏名で働いている場合は、事前にカードローン会社に相談しておく
  • 勤務先に在籍確認があることを事前に伝えておく

また、次のような理由から「どうしても電話での在籍確認ができない」場合は、申込先の金融機関へ相談することをおすすめします。

  • 勤務先が深夜帯にしか営業をしていない
  • 仕事柄、私用の電話は取り次がないルールになっている
  • ストーカー対策のため、店舗側が在籍する従業員の情報は外部に漏らさない決まりになっている

上記のような理由があれば、金融機関も電話以外の方法での在籍確認を検討してくれる
可能性があります。まずは、気軽にコールセンターへ問い合せてみましょう。

なお、SMBCモビットのWeb完結は電話確認なしでの申込が可能ですが、以下の条件を満たす必要があるため、水商売の方には少々ハードルが高いかもしれません。

【SMBCモビットの必要書類】

  1. 本人確認書類の提出
  2. 収入を証明できる書類の提出
  3. 勤務先を確認できる書類の提出
  4. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座の登録

一見すると簡単な条件に思えるかもしれませんが、提出できる書類に制限があるため、実際には水商売の方がすべて満たすのは難しいと考えられます。

提出可能な書類を次にまとめましたので、SMBCモビットに興味がある方は確認してみて下さい。

【SMBCモビットで提出できる確認書類】

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
収入証明書
(いずれか1点の写し)
・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月)
勤務先確認書類
(2つセットの写し)
・健康保険証(※)
・給与明細書(直近1ヶ月)

※健康保険証は、全国健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証)または、組合保険証のみ有効

理由7 退職して年金収入だけで生活している

「収入が年金だけではカードローンの申込ができない」
そう思い込んでいる年金受給者の方は少なくありません。しかし、銀行や消費者金融のカードローンの中には、年金受給者の申込OKとするものも複数存在します。

年金収入で生活している方は「安定収入がないから、カードローンの審査に通るはずがない」と諦めず、年金を「安定した収入」として認めているカードローンを検討しましょう。

解決策 年金受給者の申込OKのカードローンを検討する

年金を安定した収入と認め、年金受給者の申込を受け付けているカードローンには、次のようなものがあります。

【年金受給者の申込OKのカードローン】

金融機関 年金のみの申込
銀行 三菱UFJ銀行
みずほ銀行
スルガ銀行
三井住友銀行 ×
ORIX銀行 ×
楽天銀行 ×
消費者金融 レイクALSA
アコム ×
アイフル ×
プロミス ×
SMBCモビット ×

上記は大手銀行・消費者金融の情報のみですが、地方銀行の中にも、年金受給のみで申込可能なカードローンを用意しているところがあります。

「収入が年金だけだから」と審査を諦めるのではなく、「年金も安定収入だぞ!」と自信をもって、申込可能なカードローンを検討してみて下さい。

理由8 在籍確認の電話を回避したい

「金融会社に勤めているから勤務先にカードローン申込を知られたくない」
「夜間勤務のため、どうしても日中の在籍確認に出ることができない」
「個人情報保護の関係で勤務先が在籍確認に対応していない」

これらの理由から審査なしカードローンを検討しているのであれば「在籍確認の電話を省略or他の方法で代替できるカードローン」を選択することで、問題を解決できます。

解決策 在籍確認の電話なしor相談OKのカードローンを選択する

大手消費者金融カードローンの中には、在籍確認の電話をスキップできるものや、書類提出などで代替できるものがあります。

代表的なものにSMBCモビットがあり、公式HPにも「WEB完結であれば電話連絡なし」と明記されています。このタイプのカードローンであれば、在籍確認に不安がある方でも安心して申込むことができます。

以下に、在籍確認の電話を省略、または他の方法に切替えられる可能性があるカードローンまとめましたので、参考にして下さい。

【在籍確認の電話なしor代替手続きのカードローン】

SMBCモビット WEB完結で在籍確認の電話なしの申込可能
アイフル アイフルコールセンターへ「電話をかけてほしくない」旨を伝えれば、書類による在籍確認の相談にのってもらうことができる
プロミス
アコム

なお、SMBCモビットのWEB申込条件については、前述の「解決策 在籍確認対策をしっかり行う」に詳しく書いていますので、そちらを参考にして下さい。

理由9 すぐお金が必要なので審査時間がもったいない

急場をしのぐために今すぐ借入をしたい!といった時、審査なしを謳う闇金が魅力的に感じるかもしれません。しかし、一刻を争う緊急事態である時ほど、大手消費者金融を検討するべきです。

その理由は、闇金より大手消費者金融の方が、即日融資に関するノウハウもサービスも優れているためです。

解決策 大手消費者金融カードローンを検討する

審査なしと宣伝している闇金は、審査がない分融資も早いと思われがちです。

しかし、実際は闇金も簡易的な審査を行いますし、平日15時を過ぎると貸付けできないケースがほとんどです。そのため、時間帯によっては申込当日に融資を受けられない事例も多々見られます。

これに対し、大手消費者金融のカードローンは「最短30分で審査完了、融資まで最短60分」など、融資スピードに優れた商品が多数存在します。以下は、審査・融資スピードに優れた、即日融資対応の消費者金融カードローンをまとめた表です。

【即日融資対応の消費者金融カードローン】

審査時間 融資スピード 夜間の即日融資 土日祝日の即日融資
アコム 最短30分 最短60分
プロミス 最短30分 最短60分
アイフル 最短30分 最短即日
レイクALSA 最短10秒 最短60分
SMBCモビット 最短30分 最短即日

これを見ても分かる通り、緊急性が高い借入を検討する場合、即日融資に対応した消費者金融カードローンの方が闇金より数倍有利です。間違っても、闇金に飛び込むことのないよう気をつけて下さい。

理由10 他社借入額や借入件数が多い

他社借入額や借入件数が多いと、審査通過が困難になりやすいのは事実です。特に、以下のような状態にある場合、カードローン審査を通過できる可能性はゼロに近いと言わざるを得ません。

【審査通過が困難なケース】

  • ・すでに総量規制(年収の3分の1)に抵触する借入をしている
    →消費者金融やメガバンクのカードローン審査に通過する可能性はゼロ
  • ・借入件数がすでに4件以上ある
    →審査で多重債務者と判断される可能性が高く、属性がかなり良いなどの理由がない限り審査通過は困難

この状態からカードローンの申込を目指すのであれば、すでにあるローンやクレジットカードのキャッシング枠の整理を行い、借入件数・借入残高を減らすという方法が王道です。

しかし「それができないから、新規のカードローンを検討しているんだ」という方も多いですよね。そこで検討したいのが、おまとめローンです。

解決方法 おまとめローンを検討する

おまとめローンは、複数の金融機関や業者からの借金を、借り換えによって一本化するローンです。実は、おまとめローンは総量規制の例外貸付にあたり、一時的に総量規制を超える融資が認められるという特徴があります。

ただし、おまとめローンは昨今、カードローンよりも審査が厳しい傾向にある上、保証人や不動産担保を要求されたり、公正証書を作成させられたりと、状況の悪化を招くケースが少なからずあります。

これらのリスクを十分に理解した上で、確実に現在の借金問題を解決できる判断できるのであれば、おまとめローンの活用はおすすめです。しかし、少しでも不安材料が残るようであれば、おまとめローンの利用は諦め、地道に今ある借入を減らす努力をすることが大切です。

審査なしを謳う闇金には絶対に関わってはいけません!

「審査なしで即日融資OK!」
「無審査で無職・専業主婦にも100%貸せます」

このようなあやしい宣伝や広告をだしている業者は、すべて闇金だと考えて間違いありません。いくら正規のカードローン審査に不安があっても、闇金の誘い文句は無視する強さを持ちましょう。

また、闇金は無審査だと宣伝していますが、実際には申込者や申込者の親兄弟の住所や勤務先を審査しますし、業者によっては在籍確認も行います。そもそも「審査なし」という宣伝自体が嘘なのですから、関わる必要はまったくありません。

闇金は、次のような違法行為を平然とやる怖さがあります。自分の人生を守るためにも、絶対に繋がりを持たないよう気をつけましょう。

違法な金利設定

闇金業者とは、元々出資法で定める上限金利「年20%」を超える高金利で貸付けを行う違法業者を指します。

闇金を取り扱った映画やドラマなどで「トイチ」「トサン」「トゴ」といった言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、これらはそれぞれ「10日で1割」「10日で3割」「10日で5割」といった、闇金の異常な高金利を指す用語です。

例えば、トイチは「10日で1割の金利」という意味のため、単純に考えれば年利(単利)365%となります。これだけでもとんでもない金利ですが、さらに闇金業者は原則複利で貸付けを行うため、実質年利(複利)は3142%とあり得ない数値となってしまいます。

このように、闇金では雪だるま式に利息が膨れ上がる高金利を設定し「延々と利息を搾り取る」という、悪質極まりないシステムを作り上げています。

容赦ない厳しい取り立て

闇金は一般的に、訴訟や警察にマークされるリスクを避けるため、特定の場所で一定の利益を上げた後、次々と場所を変えながら営業するといったスタイルをとります。短期間で利益を上げて次の場所へ移るため、暴力的・脅迫的な厳しい取り立てが行えるというわけですね。

また、闇金は「審査なし」を謳い文句にしていますが、実際は審査を行っています。ただし、審査内容は正規のカードローンなどとは比較にならないほど甘いもので「住所、勤務先、親兄弟の連絡先」など、取り立てに必要な情報が確認できればOK、といったものです。

この審査内容・審査基準からも、闇金がいかに「利息の回収・取り立て」に執着しているかが分かります。闇金の代表的な取り立ての手口は次の通りです。

  • 早朝・深夜の電話、訪問
  • 玄関周辺への張り紙、玄関口での恫喝
  • 勤務先や実家、兄弟宅への電話や訪問
  • 出退勤、外出時のつきまとい

なお、これらの悪質な取り立ては「貸金業法第21条 取立行為の規制」に抵触します。もし、上記のような取り立てに遭った場合は警察へ連絡をすると共に、速やかに弁護士などの専門家へ相談する必要があります。

参考:e-Gov法令検索 貸金業法

違法行為に利用されるケースもある

近年、闇金業者が債務者を違法行為・犯罪行為へ引き込み、利用するケースが増加しています。以下はその一例です。

  • 債務者の口座情報を振り込め詐欺に利用する
  • 債務者を脅し、特殊詐欺の受け子や出し子、掛け子を担当させる

最近も、タイで日本を対象とした特殊詐欺のアジトが摘発されたニュースが話題となりましたが、この事件で逮捕された日本人15人のうち、多くが多重債務者の可能性ありと報じられました。

※参考:タイ拠点詐欺、容疑者の多くは多重債務者か 一軒家で強制、逃亡防止も – 産経ニュース

債務者から利息を回収できない場合、上記のような違法行為に加担させ、利益を確保しようとする闇金も少なからず存在します。

闇金利用を考える前に専門家へ相談を

審査なしという言葉に惹かれて闇金の利用を考える方の多くは、すでに多くの借入を抱えてしまい、正規のカードローンの審査通過が難しい状況にあると思われます。

しかし、その辛い状況の中で闇金を頼ってしまっては、さらなる状況悪化を招くことになるだけです。どうしても返済が厳しい、生活が破綻寸前にあるという場合は、闇金ではなく弁護士などの借金問題の専門家に相談しましょう。

専門家に相談することで、過払い金が見つかり返済自体が不要になるケースもありますし、正しい返済の道筋が見えることもあります。また、最終手段として債務整理の選択が必要となることもあるかもしれません。

いずれにしても専門家への相談は、闇金に手を出すよりもはるかに良い結果にしか結びつきません。区役所、市役所などでは、定期的に弁護士による借金問題の無料相談会も開催されていますので、まずは気軽に利用することをおすすめします。

この記事のまとめ

審査なしのカードローンというものは、闇金にすら存在しません。

しかし、カードローンの審査は「返済能力、信用情報、他社借入件数・借入額を調査する」という単純なものです。このシンプルな審査基準を理解し、申込条件や申込のコツなどをしっかり押さえた申込ができれば、審査は決して怖いものではありません。

このページでは審査に不安を持つ理由ごとに、その申込のコツや解決策を解説してきました。カードローン審査は難しいものではありません。このページを参考に「カードローン審査は怖くない!」前向きにとらえていただければ嬉しいです。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

この記事を読んだ方におすすめ!
審査の早い カードローン

プロミスのカードローン

おすすめな理由
  • web完結で最短1時間の融資!
  • 審査最短30分!即日融資も可能。
  • 土日OK!24時間365日対応
  • 初めての方は30日間利息0円!

審査時間30分と早く、即日融資も可能。金利は00.0~00.0% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。

(※)ここでの「在籍確認なし」は、”職場への電話確認なし”を指します。

限度額 金利 審査時間
500万円 00.0~00.0% 30分
即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

目的別にカードローンを比較

職業は?