丸わかりカードローン

先生 うさたん
先生 うさたん

カードローンで複数借り入れは可能?複数申込みによる審査の影響とは

丸わかりカードローン

公開日:

近年では全盛期と比べるとカードローンを利用している人の数は減少しているとされていますが、それでも多くの方がカードローンを利用しています。

複数社からカードローンの借り入れをしていると多重債務者と判断されることも多いために気になることも多いですが、上手く活用すれば一社から借り入れをしているよりも返済が楽になるというケースもあります。

こちらでは、カードローンで複数社から借り入れをする方法や、複数の申し込みをすることによって審査にどのような影響を与えるのかということについて詳しく紹介していきます。

複数のカードローンを利用することによるメリットとは

複数のカードローンを利用するというのは、カードローン破産の第一歩というイメージを持っている人が多いですが、キチンと自制をして上手く活用することが出来る人の場合は一社に限定するよりもメリットがあります。

こちらでは、複数のカードローンを利用することによってどのようなメリットがあるのかということについて詳しく紹介していきます。

カードローン業者のサービスを上手く利用して利息を最小限にする

カードローン業者というのは貸付をして利ザヤを稼ぐことによって利益を上げる業種となるために、基本的には貸付をしなければ儲けることが出来ない仕組みになっています。

そして、2010年に貸金業法が改正されたことによって、カードローンを利用する人の数は年々減少することになり、過去十年で多くの貸金業者が倒産することになりました。

その結果として、大手のカードローン業者では利用者を獲得するために多くのサービスを提供しています。

最近ではインターネット上で手続きを完了することが出来るようになったというのもサービスの一つとなっていますが、利用者にとって最も大きなサービスとなるのが「利息を軽減する」というサービスになっています。

軽減する利息の幅についてはカードローン業者によって異なりますが、期間が限定されているが利息が無料になるというサービスを提供している業者もあります。

また、業者の中には完済してから再借り入れをすることによって無利息期間が復活するというようなプランを提供している業者もありますので、このような業者を上手く活用することによって通常の利用よりも利息を少なくするということが可能です。

ただし、無利息期間の利用に関しては初回の借り入れに限定するというようなケースも多いので、借り入れをする前にどのようなサービスを受けることが出来るのかということをキチンとチェックしなければいけません。

限度額に余裕のあるカードを持つことで万が一に備える

カードローンを利用することの目的については人それぞれとなっていますが、基本的には「現金が必要になった」というケースが多いです。

もしくは、突発的なトラブルで現金が必要になったときのために所持しておくというようなことも考えられます。

平均的な年収を得ている人の場合は、カードローンの利用限度額でも数十万円ほどが設定されることも多く、カードローンの場合はクレジットカードと違って使わなければ年会費や会員維持費などの費用が発生することもありません。

しかし、既に一社のカードローンを利用しているというような場合だと、万が一のケースに備えることが難しいというようなことも十分に考えられるために、あくまでもメインで利用しているカードの予備として複数のカードローンを利用することは多いです。

二社目のカードローンを一枚目と同じように利用してしまうと本末転倒という状況になってしまいますが、上手く活用すればリスク管理にも繋がりますので、既に一枚目のカードローンを利用している人でも二枚目のカードローンを利用することは悪いことではありません。

複数のカードローンを利用する方法について

複数のカードローンを利用することは難しいというイメージを持っている人が多いですが、実際には何も難しいことはありません。

しかし、複数のカードローンを利用するという状況は既に一社目のカードローンを利用しているということになり、一社目で設定された利用限度額でカバーすることが出来なくなったために二社目を利用するという人が多いです。

そのため、一社目で借りることが出来ずに焦っている状態で二社目の利用を考えているために難しくないことを難しく考えてしまって失敗するということになります。

こちらでは、二社目以降のカードローンを利用する際のポイントについていくつか紹介していきます。

借り入れの申込みの際に嘘をつかない

日本人は悪いと思っていることを報告するときは小さく、良いことを報告するときは大きく誇張することが多い民族だとされています。

また、他人に良く思われたいと考えている人ほど、この傾向が強くなっていて、審査やテストなどを受ける場合には過少報告または過大報告をする傾向にあります。

これはカードローンの審査でも同じようになっていて、二社目のカードローンの申し込みをする際には、現在利用しているローンの状況を細かく記載しなければいけません。

しかし、実際に借り入れをしている件数や金額を過少報告し、年収や会社での肩書きなどを過大報告するケースが非常に多くなっていて、小さな嘘をつくことによって審査に通ることを難しくしています。

カードローンの審査では利用者の信用度を測っているために、審査の際に嘘をつくような人は審査の基準値をクリアしていても審査に落とされることになります。

そのため、複数のカードローンを利用する際には、審査の際に嘘をつかないということが重要です。

大手の業者で借りられない場合は中小の業者を利用する

一社目については問題ないかもしれませんが、二社目以降の利用に関しては利用者の信用実績によって利用できないことも考えられます。

このような場合には、大手のカードローン業者を利用するのではなく、中小企業の貸金業者を利用するというのも一つの手段となります。

基本的に中小企業の貸金業者というのは大手のカードローン業者や銀行系カードローンで断られた人が利用するというケースが多いために、大手で断られた後でも利用できる可能性があります。

ただし、大手のカードローンのように、どこのATMからでも借り入れや返済をすることが出来るというような使いやすいタイプではないケースも多いために、利便性に関しては低くなっていることが特徴的です。

その他にも、カードローンの審査がダメだった場合はクレジットカードにキャッシング枠を付けて申し込みをするという方法もあります。

大手のカードローン業者を利用することが出来なくても、まだまだ手段は残されていますので、まずは自分が取れる手段について知ることが重要です。

複数の業者にまとめて申し込みをするのは絶対禁止

複数のカードローンを利用するという状況は、今すぐに現金が必要になっているというケースが多いです。

そして、申込みや審査の流れについては一社目のカードローン業者の手続きをする際に理解しているために、二社目については気軽な気持ちで申し込みをする人が多くなっているのも特徴的です。

そのため、二社目以降のカードローンの申し込みをする際には、借りられる可能性がある複数のカードローン業者に対して同時に申し込みをする方も多くなっています。

しかし、複数の業者に対して同時に申し込みをすると大きなデメリットを被る可能性が高くなります。

詳しくは下記で紹介しますが、複数のカードローンを利用したければ一社ずつ申し込みをするのが最短の近道だということを知っておいてください。

まとめて複数社に申し込みをすることの危険性

冒頭でも紹介したように複数のカードローン業者を利用するというのは、それほど難しいことではありません。

カードローン業者が設けている審査で申込者が「返済能力を有している」と判断されれば三社程度までなら問題なく借りることが出来るケースも多いです。

しかし、ここで注意しなければならないのが、「複数のカードローン業者を利用する」というのと、「複数のカードローン業者に申し込みをする」というのは大きく異なるということです。

多くの人は安全策または時間の短縮として、一社目で借りることがダメだった場合のことを考えて複数のカードローン業者にまとめて申し込みをするというケースが多くなっています。

基本的に複数のカードローン業者にまとめて申込みをしてしまうと審査に通過することが非常に難しくなってしまいます。

こちらでは、まとめて複数社に申し込みをすることがなぜ危険なのかということについて紹介していきます。

申し込みブラックリストに記録されてしまう

当然のことですが、カードローン業者を利用しようと考えている人は緊急に現金が必要な状況にあります。

そして、カードローン業者というのは、利用者に対して貸金をして利息を受け取ることによって利益を出すという事業を運営しています。

この際に、カードローン業者はどのようなステータスの人に貸付をしたいのかというと、何度も紹介しているように「返済能力を有している人」となりますが、もう少し簡潔に言えば「貸したお金を返してくれる人」となります。

極論を言えば「借りる必要がない人に貸したい」というのがカードローン業者の持っている本音となりますので、「今すぐに借り入れをしないと明日の生活費も無い」というような状況の人には出来る限り貸したくないと考えています。

しかし、カードローン業者が設けている審査では、申込者がどれくらい切羽詰まっているのかということを判断するのは難しいので、申込者の行動によって判断している側面があります。

この際に、「複数のカードローン業者にまとめて申し込みをする」という行動は「今すぐにでも現金がないと生活が危ない状況」だと判断されてしまいます。

そのため、複数のカードローン業者にまとめて申込みをするような行動をしている人の場合は「貸したお金を返すことが難しい状態にある人」というように判断されるために借り入れをすることが難しくなります。

このような理由でカードローンの審査に落ちてしまう人のことを「申込みブラックリスト」と呼ぶこともあります。

これは簡単に言えば本来ならば審査に通過するステータスだったのにも関わらず、申込みをしすぎたために審査に落ちてしまう人のリストのことを指します。

申し込みブラックが解除されるまでの期間について

申し込みブラックリストに記録されている状態だと、ほとんどのカードローン業者の審査に通過することが出来ない状態となります。

そのため、まずは申込みブラックリストから情報が消去されるのを待たなければいけないのですが、申込みブラックが解除されるまでの期間は最短で六ヶ月間となっています。

つまり、六ヶ月間以上はカードローンの申込みをしても審査に通過することは出来ないということになりますので、今すぐにでも現金が必要な人にとっては大きな痛手となります。

このような状況に陥らないためにも申し込みブラックリストに登録されることは避けなければいけません。

カードローン業者が設けている審査の内容の中で、自分の心掛け次第で防げる内容になっているので、まとめて複数のカードローン業者に申し込みをするというのは絶対にしないようにしてください。

面倒でも、一社ずつ申し込みをすることで申し込みブラックを回避する

申し込みブラックリストに登録される条件としては、「短期間」に「複数」のカードローン業者に申し込みをするということが挙げられます。

短期間や複数というと、どれくらいまでなのか不安になるという方も多いと思われますので、こちらでは一般的な目安について紹介します。

明確な基準についてはカードローン業者によって異なるために正しいことを伝えることは出来ませんが、一般的に「一ヶ月から三ヶ月」の期間で「三社以上」の申し込みをすることによって申し込みブラックリストに記録されることになります。

つまり、同時に申し込みをする場合は最長でも三ヶ月の期間内に二社までにしておけば申し込みブラックリストに記録される危険性は少ないということです。

もっと安全策を取るのならば、一社ずつに申し込みをして結果を判断してから次のカードローン業者に申し込みをするという方法を選択したほうが確実性も高まります。

もちろん、一社ずつに申込みをして合否の結果を受けてから次のカードローン業者に申し込みをするというのは手間も時間も掛かるために面倒だと思う人も多いです。

しかし、申し込みブラックになってしまうと最低でも半年間はカードローンの審査に通過することが出来ないということを考えれば少しの面倒に関しては受け入れてください。

複数社からのカードローンを利用することに関するデメリットとは

複数社のカードローンを利用するということは、それほど難しいことではありません。

しかし、複数社のカードローンを利用する際には、利用することのデメリットを知っていなければ大きな失敗を侵してしまうことも考えられます。

こちらでは、複数のカードローンを利用することによって、どのようなデメリットが発生するのかということをいくつか紹介していきます。

借りる件数が増える度に借りられる金額は減少する

複数のカードローンを利用したいと考えている人の多くは、既に利用しているカードローンの限度額いっぱいまで借り入れをしている状態の人が多いです。

限度額いっぱいまで借り入れをしているのにも関わらず、緊急に現金が必要な状況になってしまったために二社目または三社目の借り入れをしなければならないということですが、借りられる金額というのは利用する業者が増える度に減少します。

例えば、一社目の限度額は50万円だったのに、二社目は30万円、三社目だと10万円というように借りる件数が増える度に借りられる金額は減少するということです。

そのため、もしも一社目で50万円を借りることが出来たから二社目でも50万円以上を借りたいと考えている方は考えを改めたほうが良いかもしれません。

借りられる金額は利用者の返済能力によって決定する

カードローン業者が決定している貸付の限度額というのは基本的に利用者の返済能力を判断して審査していることが挙げられるために、複数のカードローン業者から借り入れをしても多くの金額を借りることは難しくなります。

ポイントとなるのは、利用者が返済能力を有しているのかということになるために、返済能力があると判断された場合は二社目でも三社目でも利用限度額が減少すること無く借りられる可能性もあります。

しかし、返済能力があると判断されるようなステータスを持っている人の場合は一社目の時点で利用限度額が50万円ではなく100万円とされるケースが非常に多いです。

そのため、二社目以降については利用限度額の上限が一社目に比べると減少するということに関しては変わりませんので、その点に関しては注意するようにしてください。

毎月の返済日の回数が増えてしまう

複数のカードローンを利用することのデメリットとして挙げられるのが、返済日の回数が増えてしまうということです。

当然のことですが、複数のカードローンを利用している状態というのは、一社目と二社目の返済先が異なるために、月に二回の返済日がある状態となります。

返済日を同日にしていたとしても二回の返済があるということについては変わりません。

毎月の中で返済する回数が増えてしまうと、日常でも返済することばかりを考えてしまって、大きなストレスを抱えることも多いので、その結果として体調不良や精神的苦痛を感じることもあります。

また、単純に返済の手間が増えるというのもデメリットの一つとなります。

返済手数料が増加する

カードローンを利用していると、返済日には必ず決められた金額の返済をするということになりますが、問題となるのは返済の方法です。

銀行口座からの引き落としで返済をしている人の場合は返済手数料が発生しないケースも多いですが、ほとんどはコンビニATMや自動契約機のATMから返済するという人が多くなっています。

そして、ATMから返済をする場合は返済をする度に108円から324円の返済手数料が発生するケースが多くなっていることが挙げられます。

一回あたり108円から324円というと、無視しても良いぐらいの金額かもしれませんが、短期間で完済することが出来るのならばともかく、完済までに一年も二年も掛かるというような状況になると無駄にならない出費となります。

計算をしてみると、一回あたり324円の返済手数料が発生して、2年間(24ヶ月)の返済で、二社からの借り入れをしていると仮定すると、返済手数料だけで7,776円も無駄に支払っています。

返済手数料というのは、借入金額の利息が元金に含まれないために、支払えば支払うほど無駄な費用だということになるために、賢く返済をするためには出来る限り返済手数料を発生させないのがコツとなります。

手続きの仕組みを知っていれば複数のカードローンを利用することは難しくない

複数のカードローンを利用することは難しいと考えている人が多いですが、審査の際にチェックされるポイントや、自分のステータス状況を冷静に分析することが出来れば何も難しいことはありません。

審査の際に見られるポイントとしては、基本的に利用者の返済実績や年収というポイントになりますが、「キチンと返済することが出来る人だ」と判断されれば二社目以降のカードローンを利用することが出来ます。

ただし、上記でも紹介したように二社目以降の利用に関しては一社目と比較すると借入可能金額が減少してしまう可能性は非常に高いです。

そのため、希望借入金額に満たない場合は二社目だけではなく、三社目の借り入れをしなければならないという状況が発生してしまいますが、借り入れをする際には返済することが出来る環境を整えておくことが破産しないためのコツとなります。

複数のカードローンを利用するための手続きに関しては一社目を利用する際の手続きとほとんど同じなので、手続きの面で困ることは少ないと思われます。

しかし、慣れというのは怖いもので、一社目の審査に通過していることからカードローンの審査を甘く見てしまう人が非常に多く、軽い気持ちで手続きをすると審査に落ちてしまうことがありますので、その点に関しては注意が必要です。

また、二社目以降を利用する際には一社目の返済状況も審査の判断基準の一つに組み込まれますので、一社目の返済で返済日にキチンと支払いをしていなかったり、返済が滞っていたりすると二社目以降の審査に強く影響を及ぼします。

そのため、二社目以降の借り入れをするためには一社目の返済状況を綺麗にしておくことが必要です。

この記事のまとめ

複数のカードローンを利用するための心構えや利用する際の注意点などについて紹介しましたが、二社目以降の利用に関してもそれほど気にする必要はないということが分かってもらえたと思います。

いくつか注意しなければならないポイントもありますが、その注意点をキチンと守って手続きをすれば二社目の利用ぐらいならば問題なく手続きが出来ます。

しかし、複数のカードローンといっても五社目や六社目というように多くのカードローンを利用している状態になると申し込みの時点で落とされる可能性が高くなりますので、その点に関しては注意してください。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

この記事を読んだ方におすすめ!
複数の カードローン

アイフルのカードローン

アイフル公式サイト
おすすめな理由
  • 完全Web完結・郵送なしで誰にもバレない
  • 最短30分審査、即日融資が可能
  • カード不要!スマホ借入れが便利
  • 初めての方は30日間利息0円!

WEB完結型。スマホアプリや自分にピッタリの借り方診断があるので初めての方も安心。コンビニと提携しているので借りるのも返すのも手間いらず

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

限度額 金利 審査時間
最高800万 3.0%~18.0% 最短30分
即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

目的別にカードローンを比較