丸わかりカードローン

先生 うさたん
先生 うさたん

カードローンから低金利で借りる方法!おすすめカードローンも紹介

丸わかりカードローン

公開日:

カードローンからお金を借りるときは、利息がいくらかかるのか気になりませんか?

カードローンの利息に大きく関係するのが金利です。借入残高と借入日数が同じの場合、カードローンの金利が高くなるほど利息分の負担が増えていきます。誰しもカードローンの利息はなるべく抑えたいと思うもの。

そこで本記事ではカードローンから低金利で借りる方法を紹介いたします。おすすめカードローンもあわせて紹介するため、低金利で借りたい方は本記事に注目してみてくださいね。

低金利のカードローンランキング

  1. みずほ銀行

    おすすめな理由
    • みずほダイレクトで借入返済が楽々
    • みずほ銀行住宅ローンがあれば金利-0.5%
    • キャッシュカードと兼用にできるからバレない
    • みずほ口座があればWEB完結が可能

    (※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

    限度額 金利 審査時間
    800万円 2.0%~14.0% 条件による
    即日融資リミット
  2. 住信SBIネット銀行

    おすすめな理由
    • 繰り上げ返済は1円から可能!
    • 条件を満たせば金利最大-0.6%
    • 手数料無料&ポイント等の特典あり
    • WEBで完結・郵送物なしだからバレない!

    (※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

    限度額 金利 審査時間
    1200万円 1.59%~14.79% 条件による
    即日融資リミット
  3. 楽天銀行

    おすすめな理由
    • 専業主婦の方も申し込み可能!
    • アプリで簡単WEB申込可能!
    • 楽天会員ランクに応じて審査が優遇
    • 入会&利用で最大31,000ポイントGET!

    (※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

    限度額 金利 審査時間
    800万円 1.9%~14.5% 条件による
    即日融資リミット

カードローンの金利について

まずはカードローンの金利についての解説です。カードローンではどんな金利を設定しているのか、気になる方は次をご覧ください。

カードローンは実質年率が一般的

カードローンの金利(年率)は実質年率で表示されているのが一般的。カードローンの借入額に諸経費をプラスし、年率に直したものが実質年率です。

たとえば金利年14.0%で諸経費年2.0%の場合、実質年率は16.0%になる計算です。

カードローンの諸経費には何が含まれまれるの?

カードローンの諸経費には手数料や保証料などがあるよ。表示されている実質年率に諸経費が含まれているため、別途諸経費を支払いしなくてもいいんだ。

最低金利~上限金利のカードローン

カードローンでは最低金利~上限金利で表示するものがよく見られます。最低金利~上限金利の範囲で、限度額に応じた金利が設定されるのが基本です。

たとえば三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では次の表のように、限度額によって設定される金利が変わります。

限度額 金利
400万円~500万円 年1.8%~年6.1%
300万円~400万円 年6.1%~年7.6%
200万円~300万円 年1.8%~年6.1%
100万円~200万円 年10.6%~年13.6%
~100万円 年13.6%~年14.6%

カードローンの限度額は、審査によって設定される仕組みです。信用力と返済能力の高い方は高めの限度額、低めの金利が設定されるでしょう。

一律金利のカードローン

カードローンによっては一律金利を設定するものが見られます。最低金利~上限金利のように複数の金利ではなく、ひとつの金利だけ設定するのが一律金利のカードローンです。たとえば次のように、一律金利が表示されます。

  • 限度額50万円・100万円
  • 金利年13.3%

一律金利のカードローンは、限度額によって金利が変わることがありません。そのため、一律金利のカードローンには、金利が分かりやすいというメリットがあります。

カードローンにも固定金利と変動金利がある

住宅ローンには固定金利と変動金利がありますよね?

ずっと金利が変わらない安心感があるのが固定金利です。一方、変動金利では金利情勢によって金利が変わりますが、同じ時期なら固定金利より低いのが魅力。住宅ローンの利息分をなるべく抑えるには固定金利で組むのか、変動金利で組むのか、よく検討することが大切です。

住宅ローンだけじゃなく、カードローンにも固定金利と変動金利があります。少額融資が基本となるカードローンの場合、高額融資が基本となる住宅ローンほど気にする必要はありませんが、固定金利なのか変動金利なのかよく見ておきましょう。

利息制限法による上限金利

消費者金融や信販カードローンの金利は、次のように利息制限法による上限が定められています。

借入額 上限金利
~10万円 年20%
10万円~100万円 年18%
100万円~ 年15%

利息制限法の上限金利を超える利息を取る貸金業者は、違法なので利用しないでくださいね。

利息がいくらになるのかシミュレーション

カードローンの利息がいくらになるのか、次の計算式でシミュレーションしてみましょう。

「借入残高×実質年率÷365×借入日数=利息」

次に借入残高10万円、実質年率15.0%、借入日数30日の条件で利息を計算してみます。

「10万円×15.0%÷365×30日=約1,232円」

単純な計算ではありますが、約1,232円の利息が付く結果です。借入残高10万円、実質年率18.0%、借入日数30日の条件で次に再計算してみます。

「10万円×18.0%÷365×30日=約1,479円」

同じ借入残高、同じ借入日数でも、金利が3.0%上がると約247円分の利息が増える計算結果となりました。大きな負担増ではありませんが、借入残高や借入日数が増えると利息分の差が大きくなっていきます。

公式ホームページに返済シミュレーションを用意するカードローンが多いです。返済シミュレーションでは自動的に計算してくれるため、利息がいくらになるのか、毎月の返済額がいくらになるのか、気になる方は活用してみてください。

カードローンから低金利で借りる方法

次からはカードローンから低金利で借りて、利息分の負担を抑える方法の紹介です。

方法1:低金利な銀行カードローンへ申込みする

消費者金融や信販カードローンでは年18.0%ほど、銀行カードローンでは年14.0%ほどの上限金利がよく見られます。低金利で借りたいときは、銀行カードローンへ申込みしましょう。

方法2:高めの限度額を希望する

カードローンによっては、50万円や100万円など申込み時に限度額を希望できることがあります。最低金利~上限金利のカードローンの場合、高めの限度額を希望しておくと低金利で借りられる可能性がありますよ。

たとえば三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では100万円以下の限度額で年13.6%~年14.6%の金利ですが、100万円~200万円の限度額では年10.6%~年13.6%の金利となります。

方法3:利用実績を積み上げてから増額申請する

カードローン契約後に増額申請するという方法も、低金利で借りたいときには有効です。最低金利~上限金利のカードローンだと増額審査に通過すれば、金利が下がる可能性がありますよ。

カードローンをまったく利用していない状態では、申請しても増額審査の通過は期待薄です。6か月ほどは利用実績を積み上げてから申請してください。

利用実績を積み上げている間に、他社も含めて返済の遅延を行うと増額審査に悪影響が出てしまいます。カードローン返済の約束は、毎月守ってくださいね。

方法4:複数社から借りている方は、おまとめローンの選択肢

複数社から借りている方が、利息分の負担を抑えたいときに便利なのが、おまとめローンです。おまとめローンはカードローンより、金利の低いものがよく見られます。

たとえば東京スター銀行のおまとめローンでは一律12.5%の金利です。年18.0%のカードローン3社から借りている方は、5.5%分の利息節約が期待できますよ。

低金利なカードローンを利用するときの注意点

低金利なカードローンには次の注意点があります。かえって利息の負担が増える恐れがあるため、事前に注意点について知ってからカードローンへ申込みすると良いでしょう。

金利が低くなるほど審査が厳しくなる

一般的にはカードローンの金利が低くなるほど、審査が厳しくなります。そのため、審査は消費者金融や信販カードローンより、銀行カードローンのほうが厳しめです。

また、消費者金融や信販カードローンは、年収3分の1まで借入が制限される総量規制の対象となります。銀行カードローンは総量規制対象外ですが、自主規制で年収2分の1や3分の1に制限している場合があります。

そのため、年収に対して高すぎる限度額を希望したときも、カードローンの審査が厳しくなりやすいです。ほかにも借入額や借入件数が多すぎる方も、カードローンの審査が厳しくなる点に注意してくださいね。

低金利でも毎月の返済額が少ないと利息の負担が増える可能性

カードローンによって毎月の返済額が異なります。毎月の返済額が少ないカードローンは返済が楽ですが、その代わりに返済期間が長くなりやすいです。

低金利のカードローンでも返済期間が長くなると、利息の負担が増える可能性があります。おまとめローンを利用するときは、おまとめ前とおまとめ後の返済期間をよく確認しておきましょう。

余裕が出たときに随時返済を行う

カードローンは口座振替(自動引き落とし)で毎月返済できるものが多いです。口座振替ならATMより入金することなく、自動的に返済が進んでいきます。

しかし、毎月の返済額が少ないカードローンの場合、口座振替に任せっぱなしだと返済期間が長くなりやすいです。

給料日など余裕が出たときには随時返済を行いましょう。毎月の返済に加えて、都合の良い金額を返済するのが随時返済です。ほぼ24時間営業のコンビニATMより随時返済できるカードローンがよく見られますが、利用手数料には注意してくださいね。

ボーナス支給時に一括返済を行う

カードローンでは残高を一括返済できるものが多いです。随時返済を小まめに続けるより、一括返済したほうが利息の負担を一気に減らせますよ。

住宅ローンでは一括返済すると手数料が発生することがありますが、カードローンでは手数料なしで一括返済できます。しかし、20万円30万円の残高を一括返済するのでは、給料日でも厳しいですよね。

ボーナスの支給を受けている方は、そのタイミングで一括返済すると良いでしょう。

低金利だからと必要以上に借入しない

足りないお金が5万円なのに、10万円カードローンから借入すると余計な利息の負担が増えてしまいます。5万円足りないときは5万円だけ、低金利なカードローンでも必要以上に借入しないほうが良いですよ。

カードローンは何円単位で借入できるニャ?

カードローンによっては、1,000円単位で借入できる場合があるよ。1万円単位のカードローンより、1,000円単位のカードローンのほうが必要な分だけ借入しやすいよ。

安く借りるためには、必要以上の額で申込みをしないようにしましょう。

おすすめの低金利カードローンを紹介

次からは低金利で借りたい方のために、おすすめカードローンを紹介いたします。おすすめするのは次の6つのカードローンです。

  • みずほ銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • J.Score(ジェイスコア)

それぞれのカードローンについて、詳しくは次をご覧くださいね。

みずほ銀行カードローン

メガバンクのひとつとなるみずほ銀行では、次の限度額と基準金利を設定するカードローンを提供しています。

限度額 基準金利
800万円 年2.0%
600万円~800万円 年4.5%
500万円~600万円 年5.0%
400万円~500万円 年6.0%
300万円~400万円 年7.0%
200万円~300万円 年9.0%
100万円~200万円 年12.0%
~100万円 年14.0%

みずほ銀行カードローンの最低基準金利は年2.0%、上限基準金利は年2.0%~14.0%です。みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は、この基準金利より0.5%金利引き下げとなります。

みずほ銀行カードローンを利用するには、当行の普通預金口座が必要です。未開設の方は、みずほ銀行カードローンの審査が完了しだい、新規口座開設してくださいね。

じぶん銀行カードローン

KDDIと三菱UFJ銀行が協力して誕生したじぶん銀行では、金利年2.2%~17.5%のカードローンを提供しています。じぶん銀行カードローンの限度額と金利の関係は次のとおり。

限度額 通常金利
710万円~800万円 年2.2%~年3.5%
610万円~700万円 年3.5%~年4.5%
510万円~600万円 年4.5%~年5.0%
410万円~500万円 年5.0%~年6.0%
310万円~400万円 年6.0%~年7.0%
210万円~300万円 年7.0%~年9.0%
110万円~200万円 年9.0%~年13.0%
~100万円 年13.0%~年17.5%

銀行カードローンとしては、最大17.5%の金利は低いとはいえない水準です。しかし、auユーザーの方なら次の金利優遇が受けられます。

auユーザーの金利優遇

  • 誰でもコース:通常金利より年0.1%優遇
  • 借り換えコース:通常金利より年0.5%優遇

誰でもコースの上限金利は年17.4%ですが、借り換えコースでは上限金利年12.5%になります。(限度額100万円のみ)

他社カードローンで年12.5%以上の金利でお金を借りているauユーザーの方は、じぶん銀行カードローンの借り換えコースがお得。ただし、限度額100万円未満のときは、誰でもコースの金利となる点には注意してください。

また、じぶん銀行カードローンでは当行の口座を持っていない方でも申込みできますが、当行の口座を持っていると次のメリットが受けられます。

じぶん銀行口座を持っているメリット

  • 振込み融資を土日祝でも手数料無料で利用できる
  • 口座からの自動引き落としで返済できる

じぶん銀行ではインターネットで口座開設できるため、当行の口座を持っていない方は新規開設しておくと良いでしょう。

住信SBIネット銀行カードローン

ネット銀行の大手である住信SBIネット銀行では、金利年1.59%~14.79%のカードローンを提供しています。住信SBIネット銀行カードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースがあり、それぞれのコースの限度額と基準金利は次のとおりです。

プレミアムコースの金利

限度額 基準金利
1,100万円~ 年1.59%
1,000万円~1,100万円 年2.39%
900万円~1,000万円 年2.49%
700万円~900万円 年2.99%
500万円~700万円 年3.99%
300万円~500万円 年4.99%
200万円~300万円 年5.29%~5.99%
100万円~200万円 年6.39%~6.99%
~100万円 年7.99%

スタンダードコースの金利

限度額 基準金利
200万円~300万円 年8.99%
100万円~200万円 年11.99%
~100万円 年14.79%

次の条件を満たすと、最大年0.6%の金利優遇も受けられます。

  • ミライノカード(JCB)を持っている方(当行口座を引き落し口座に設定):年0.1%の金利優遇
  • SBI証券口座保有登録済みの方、または当行の住宅ローンを利用している方:年0.5%

住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースでは、上限金利年7.99%です。銀行カードローンの中でも大幅に低い水準の金利を設定しているのが、プレミアムコースの最大の魅力。

ただし、申込者が希望のコースを選べるのではなく、審査によってコースが決定される点には注意してくださいね。

ほかにも注意したいのが当行の口座が必須となる点です。当行の口座を持っていない方はカードローンとの同時申込みが必要になります。

ソニー銀行カードローン

ソニーと三井住友銀行などの共同出資で誕生したソニー銀行では、金利年2.5%~13.8%のカードローンを提供しています。ソニー銀行カードローンの限度額と基準金利は次をご覧ください。

限度額 基準金利
800万円 2.50%
700万円 3.00%
600万円 3.50%
500万円 4.00%
400万円 5.00%
300万円 6.00%
200万円 8.00%
150万円 9.00%
100万円 9.80%
60万円~90万円 12.80%
10万円~50万円 13.80%

低金利な銀行カードローンでも、限度額100万円だと金利年10%を超える場合があります。しかし、ソニー銀行カードローンでは限度額100万円で年9.80%の金利設定です。

ただし、ソニー銀行カードローンは当行の円普通預金口座が必須となりますので、未開設の方は同時申込みしてくださいね。

楽天銀行カードローン

ネット銀行の大手である楽天銀行では、金利年1.9%~14.5%のカードローンを用意しています。楽天銀行カードローンの限度額と金利は次のとおり。

限度額 金利
800万円 年1.9%~年4.5%
600万円~800万円 年3.0%~年7.8%
500万円~600万円 年4.5%~年7.8%
350万円~500万円 年4.9%~年8.9%
300万円~350万円 年4.9%~年12.5%
200万円~300万円 年6.9%~年14.5%
100万円~200万円 年9.6%~年14.5%
~100万円 年14.5%

上限金利年14.5%は銀行カードローンの平均的な水準です。しかし、楽天銀行カードローンでは30日間の無利息サービスがあります。(初回の借入のみ)

ただし、無利息サービスを利用するには、当行の口座と楽天銀行カードローンとの同時申込みが必要です。すでに当行の口座を持っている方が、新規で楽天銀行カードローンへ申込みしても無利息サービスを利用できない点には注意しましょう。

なお、当行の口座を持っていない方でも、楽天銀行カードローンは利用できます。しかし、当行の口座を持っていると、24時間365日いつでも即時振込するサービスを利用できます。

楽天銀行以外の口座だと、当日中の振込は平日14時45分までに受付完了させないといけません。当行の口座を持っていない方は、新規開設したほうが楽天銀行カードローンを便利に利用できるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(以下、ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクとの提携によって誕生した新しいタイプの金融サービスです。ジェイスコアでは申込者の情報をスコア化するAIスコアを行っています。

AIスコアは様々な質問に答えていく形で結果が出る仕組みです。このAIスコアが高いほど、限度額や金利などの条件が良くなるのがジェイスコアの最大の特徴。

ジェイスコアの最大限度額は1,000万円、金利は年0.8%~12.0%の設定です。年[showRate_max_jscoreは銀行カードローンの平均的な上限金利より低めとなります。

さらに条件を満たすと最大年0.3%の金利優遇まで受けられますよ。AIスコアに自信があり、低金利で借りたい方はジェイスコアが狙い目となるでしょう。

ジェイスコアのAIスコアは何点以上必要なの?

以前のジェイスコアではAIスコア600点以下だと審査への申込みができなかったけど、現在ではAIスコア600点以下でも申込みできるようになりましたよ。

しかし、AIスコア600点以下だと審査落ちの可能性が高まるから注意が必要だね。

AIスコアを高くしたいときは、なるべく多くの質問に答えたほうが良いよ。ジェイスコアの公式ホームページには「AIスコアを上げるには」というページがあるから、審査へ申込する前にチェックしておくと良いでしょう。

無利息サービスのある消費者金融カードローン

次の消費者金融カードローンでは、30日間の無利息サービスを提供しています。(初回のみ)

消費者金融名 無利息期間が始まるタイミング 通常金利
プロミス
公式サイトへ
初回出金の次の日より30日間 4.5%~17.8%
アコム
公式サイトへ
初回契約の次の日より30日間 3.0%~18.0%
アイフル
公式サイトへ
初回契約の次の日より30日間 3.0%~18.0%

銀行カードローンより、消費者金融カードローンのほうが金利が高めです。しかし、早めに完済できる方の初回借入は無利息サービスのある消費者金融カードローンのほうが利息の負担を抑えやすいです。

初回借入は無利息サービスのある消費者金融カードローン、2回目以降の借入は低金利の銀行カードローンと使い分ける方法もあります。

また、消費者金融ノーローンでは1週間なら何度でも無利息になるサービスを提供中です。1週間以内に完済できる方は、ノーローンにも注目してみてください。

この記事のまとめ

カードローンからの借入が必要な状況のときは、なるべく利息の負担を減らしたいですよね。そんなときは低金利な銀行カードローンへ申込する、無利息サービスを利用するなど、様々な方法がありますよ。

審査が厳しくなりますが、特に住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースは低金利で借りられるために注目。

ただし、低金利でも無理な借入を行うと返済困難になるリスクが高まってしまいます。返済を遅延すると遅延損害金という負担まで増えてしまうため、無理のない返済プランを立ててから、カードローンから借入しましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

この記事を読んだ方におすすめ!
低金利の カードローン

アイフルのカードローン

アイフル公式サイト
おすすめな理由
  • 完全Web完結・郵送なしで誰にもバレない
  • 最短30分審査、即日融資が可能
  • カード不要!スマホ借入れが便利
  • 初めての方は30日間利息0円!

WEB完結型。スマホアプリや自分にピッタリの借り方診断があるので初めての方も安心。コンビニと提携しているので借りるのも返すのも手間いらず

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

限度額 金利 審査時間
最高800万 3.0%~18.0% 最短30分
即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

目的別にカードローンを比較