血液サラサラにする野菜について。

緑黄色野菜は血栓を防ぐ抗血栓成分・抗酸化成分等成分が豊富に含まれていますので血液サラサラ効果があります。野菜の一日の必要量は、1食で120g以上・1日で350gを食べると血液がサラサラになります。他にも玄米・雑穀米・青魚・豆類・海藻・きのこ等にも血液をサラサラにする効果ができますので、食事のバランスを考えて食事を食べると効率的に血液がサラサラになります。かぶ・明日葉・ホレンソウ・アスパラガス・トマト・ニンニク・ニンジン・ネギ・玉ネギ・青シソ・パセリ・ニラ等は血管の血液の中に存在する血小板の凝固を抑える働きがありますので、血液をサラサラにする高い効果があります。逆に、ナス・カリフラワー・レタス・キャベツ・キュウリ・小松菜・白菜等は血液をサラサラにするという点についてはそれほど効果が期待できません。また、体内に悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが基準値以上のなると血管の血流が悪くなります。基準値以上のLDLコレステロールを下げ血管の血流を良くする為には各種ビタミンが必要ですが、野菜は各種のビタミン類が豊富ですのでそういった意味においても血液を効率的にサラサラにできる事が期待できます。青汁には血液をサラサラにする成分や血液をサラサラにする事を助ける各ビタミン等が豊富に入っている商品もありますので、忙しく料理をする時間を作れない人には血液サラサラ効果が期待できる青汁を毎日飲むと血液サラサラになります。