ゆうちょでお金を借りる方法

ゆうちょの総合口座を持っており、定額貯金や財形定額、財形年金定額を利用していれば2つの方法を利用して、ゆうちょでお金を借りることができます。一つは財産形成貯金担保貸付けです。財形定額や財形年金定額の利用者は、財形を担保にすると1割までは借りることが可能です。最長で2年間、1000円単位でゆうちょでお金を借りることができ、相談や申し込みは郵便局の窓口で行います。預け入れ金額に利子を足したものの9割を上限としており、返済回数は1回~4回です。もう一つは定額貯金を利用する人向けの貯金担保自動貸付けです。総合残高を超える払い戻しを行うと、自動でお金が借りられます。定額貯金が担保の場合、預け入れ金額の9割が上限で期間は最長2年です。返済時の約定利率に0.25%上乗せされた利率を含めて返済は行われ、総合口座に入金すると自動で返済に回されます。どちらの方法でも申し込む時は運転免許証や保険証などの本人確認ができるものが必要です。印鑑登録証明書も有効ですが、発行から6ヶ月以内のものを用意します。これらは担保があるため審査はそれほど厳しくありません。財産形成貯金担保貸付けでは金利は6ヶ月以上~1年未満は0.035%、3年以上で0.04%、10年以上で0.040%です。貯金担保自動貸付けはこれらに0.25%をそれぞれ足したものになりますが、一般的な貸付けと比べると金利が低いので、利用しやすいとされます。
お金借りる至急.com|消費者金融で今日中にお金を借りる方法はこちら